CERAMIC セラミック治療

CROWN クラウン(被せ物)

クラウンとは、むし歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことです。
クラウンには、様々な種類があり、保険診療では部位によって、作ることができる冠が決められています。

クラウンの種類
(保険適用外)

オールセラミック メタルボンド ハイブリッドセラミック
特徴 セラミック(陶器)でできたクラウンです。 中のフレームを金属で作り、外側にセラミックを張り付けたクラウンです。 セラミックとレジンを混ぜた材料で作られたクラウンです。
メリット ・天然歯のような透明感がある自然な白さ
・変色しにくい
・金属アレルギーが起こらない
・セラミックの部分には汚れが付かない
・中身が金属で作られているため耐久性がある
・透明感はオールセラミック程ではないが、自然な白さがある
・セラミックの部分には汚れが付かない
・白く作ることができる
デメリット ・噛み合わせの力によっては、割れることがある
・治療費が高い
・裏から見ると金属が見える
・被せた所の歯茎が周りより少し暗く見えることがある
・金属アレルギーを起こすことがある
・長期間の使用で変色することがある
・かみ合わせによっては割れてしまうため適用できない場合がある
・長期間の使用で噛み合わせの部分が削れていく
・汚れが付きやすい
ラミネートべニア ゴールドクラウン
特徴 歯を少しだけ削ってセラミックの薄い板を張り付けます。 金合金や白金加金などの貴金属で作られたクラウンです。
メリット ・天然歯のような透明感がある自然な白さ
・クラウンをかぶせるよりも削る部分が少なくて済む
・汚れが付かない
・金属なので強度が充分あり、奥歯にも使える
・むし歯になりにくい
デメリット ・むし歯や歯ぎしり、かみしめが強い場合は適用できない
・健康な歯を削る必要がある
・クラウンよりも外れやすい
・金属部分が目立つ
・金属アレルギーの方には使用できない

クラウンの種類
(保険適用)

硬質レジンジャケット冠 硬質レジン前装冠 合金(金銀パラジウム)
特徴 レジンという歯科用プラスチックで作られたクラウンです。 中身を金属で作り、見える部分にレジンを張り付けたクラウンです。 いわゆる銀歯で、全体が金銀パラジウム合金でできたクラウンです。
メリット ・セラミックのような天然歯に近い透明感は無いが、色が白い
・保険適用で治療費が抑えられる
・セラミックのような天然歯に近い透明感は無いが、色が白い
・中身が金属なので強度がある
・前歯~犬歯であれば保険適用で治療費が抑えられる
・金属なので強度があり、どの歯にも使える
・保険適用で治療費を抑えられる
デメリット ・セラミックのような天然歯に近い透明感が無い
・長期間の使用で変色することがある
・割れやすく減りやすい
・長期間使用すると削れた分、噛み合わせに影響が出てきてしまう
・汚れが付きやすい
・辺縁から二次的なむし歯になりやすい
・透明感がなく作り物感が出てしまう
・裏から見ると金属が見える
・長期間の使用で変色することがある
・金属アレルギーを起こすことがある
・汚れがつきやすい
・辺縁から二次的なむし歯になりやすい
・金属部分が目立つ
・金属アレルギーを起こすことがある
・辺縁から二次的なむし歯になりやすい

042-572-4181

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:00

△…14:30〜16:30 / 休診日:水曜・日曜・祝日

【診療科目】
歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科

【アクセス】
〒186-0002 東京都国立市東4-25-2

南武線『谷保駅』より5分 
国立高校前バス停から徒歩1分 
駐車場3台

 2022年05月 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    

…休診日

オフィシャルサイト

©くにたち石田歯科 自費診療専門サイト.
All Rights Reserved.